引越し見積もり 安い

安い業者を選べる!頼み方とか見積もりのイロハがなくても大丈夫!申し込みは簡易です。引っ越し見積もりで人気があるのは引越し侍なんです。引越しの見積もりは


160社以上の引越し業者の中から
安い業者を見つけることができます!

(CMでお馴染みの「引越し侍」での一括お見積もりになります)
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓





安い引っ越し業者選びのコツ

転勤、リフォーム、建て替えといったことのため、近場、近距離、県外などの遠距離に引越しをするので見積もりをお願いしたいと思っていますか?もしかすると、夫婦二人暮らし、家族から離れて一人暮らしといったことで荷物少ないため、値引きして欲しいと思っていますか?引越見積もりで安い業者に!

「引越し業者を、何社も比較するのは面倒」という方もおられることと思います。
しかし、初めから引越し業者を1社に絞るのは、リスクがあるのをご存知でしたか?

引越し見積もり情報をサイトからゲット!料金や費用、価格比較もできます。一括見積もりはメリットがあります。まず、相場が分かります。単身、オフィス、2LDK、単身パックなどの基本料金、安いのはどこかの比較ができます。引越し業者さんの中には、キャンペーンということで見積もり時にプレゼントを渡す業者さんもいます。
プレゼントをもらえることは嬉しいことですが、しかし、それが足かせになることがあります。
引越し業者を決めた後に、安い業者さんが見つかったとしても、プレゼントを貰ったという負い目が業者を乗り換えるのを躊躇させてしまうかもしれません。たとえ、プレゼントを受け取っていなかったとしても、何度か接触していると、ある程度の人間関係ができてしまいますから、やはり断りにくくなるかもしれません。

また、初めから1社しか見積りをしないと、業者から見て「いいお客」とみられるかもしれません。そのために業者のほうでトラブルがあると、その煽りを食う可能性があります。例えば、あなたが引越しを予定した日に、他のお客がどうしてもその日にして貰いたいと言ってくる場合に業者は日時の変更を要請するかもしれません。

そのように甘く見られないためにも、初めから複数の業者と交渉することをオススメ致します。
複数の業者と交渉をしているということが分かると「しっかりしている客」と認識してもらうことができます。そうしますと業者の方でも、しっかりとした対応を心がけるようになることでしょう。


引越しが決まっていないとしても、お得で賢い人気のあるお見積りを取りましょう。長距離や近距離、県外に引っ越しを簡単に格安価格で済ませたいファミリーや単身一人暮らし向けの見積もり比較サイトです。安い業者を見つけよう!

複数の業者さんから見積りを取るのにお勧めなのが、ネットの一括査定サイトです。
ご自分で何社も電話をして見積りを取ることもできますが、これは結構面倒なものです。

一括サイトは、カンタン入力で後は業者の方から連絡してきてくれますので、とっても楽ですよ。
(下記の入力画面は、CMで有名な「引越し侍」が提供しているものです。どうぞ、安心してお使いください)




インターネットから見積もりをおすすめします。個人情報不要で一括見積もりがOK。インターネットから、いくらなのかを最短で見積もりの最安値が簡易に!安くする方法を理解し、安くするコツも分かります。

上記の一括サイトでは、最大10社から見積りを取ることができます。

しかし、10社全部と交渉するのは、大変です。クタクタになることでしょう。
それで、その中から多くても2〜3社を選ぶことをお勧めします。

どのように絞ることができるでしょうか?


・金額とサービス内容によって
ご自分の予算の範囲内で、しかも、希望しているサービスを概ね提供してくれる業者を選択できます。

・ネットで評判を確認する
引越し見積もり情報をサイトから知れます。料金や費用、価格比較もでき、安い業者を見つけられます。一括見積もりはメリットがあります。まず、相場が分かります。単身、オフィス、2LDK、単身パックといった基本料金の比較ができます。業者さんの口コミや評判は、インターネットでかんたん検索し、調べることができます。評判の良い業者さんを選ぶようにしましょう。
ただし、ネットの書き込みは注意が必要です。まったく、あてにならないものの存在しています。業者による"自作自演"もあるかもしれません。また、悪意のある書き込みも考えられます。さらに、人によって感じ方が違います。ある人には何でもないことでも、別の人には許せないことと感じることもあります。ですから、ネット上の評判は"目安"程度に考えることができます。概ね評判が良ければ、良い業者さんと判断できるかもしれません。

下記のランキングは「引越し侍」が調査したものです。参考までにどうぞ。


引越しが決まっていないとしても大丈!お得で賢い人気のある、お見積りをしましょう。長距離や近距離、そして県外に引っ越しをするので、簡単に格安価格にしてほしいファミリーや単身一人暮らし向けの見積もり比較サイトです。



インターネットから見積もりする事をおすすめします。個人情報不要で一括見積もりが可能です。インターネットから、いくらなのかを最短で見積もりの最安値が、男性でも女性でも簡易に分かる。安くする方法も知れて、安くするコツも分かります。

近場や遠方への、引っ越しの見積もりの手続きなどを、安全、安心して決定できます。安い引越業者の相場を、簡単にシミュレーションできるんです。webから無料で申し込みができます。可能なら直接担当者にあって交渉するのがお勧めです。

「直接会うのは面倒」「ネットだけで業者選びを完結したい」という人もいると思います。しかし、直接担当者と会うことによって、その業者のいろいろな面が見えてくることがあります。安いだけで、サービスの悪い業者には頼みたくないですよね?
担当者の態度、雰囲気が悪ければ、その業者全体の姿勢がそうなのかもしれません。しっかりとした業者は、教育が行き届いているはずですから、担当者も態度も良いはずです。


直接担当者と会って話をすれば、100%確かな業者を選ぶことができるということではありませんが、その確率は格段に高まります。


お見積りはこちらからできます

業者を選ぶポイント

最終的に引っ越し業者を決める場合、何を1番のポイントにしたらよいのでしょうか?

テクニックなど全く必要なし。流れに沿って、手順に従って入力すると、一番安い1社が分かります。相場がわかれば、値段交渉がしやすくなります。値切りができ、引越し費用の値下げが可能です。あるアンケートによりますと、引越し業者を選んだ「決め手」は「価格の安さ・割引制度」というように安いという理由を選んだ人が60%、次が「スタッフの対応」34.6%、「有名な業者」20.8%だったそうです。やはり、安いなど価格を重視して選ぶ方が多いようです。

多くの人にとって引越しの金額は考慮すべき重要なポイントとなっているようです。
引っ越しにかかる費用は高額になる場合があります。金額の大きさを考えますと、少しでも安いところということを考え、重要視するのも当然ですよね。

しかし、安いということだけで業者を選ぶと、"不満"というリスクが伴います。

「家財道具を傷つけられた・壊された」「スタッフの対応が悪かった」、「梱包が雑・乱暴だった」、「作業効率・段取りが悪かった」と後味の悪い思いをしてしまうこともあるようです

安かろう悪かろうという言葉がありますが、引っ越しについても同じようです。
できるだけ費用を抑えたいというのは誰でも思うことですが、とにかく安く!と価格の安さだけを追求しますと、思わぬ落とし穴にハマる場合があるようです。つまりトラブルに巻き込まれてしまう場合があるということです。

ワンルーム、マンションからの転勤引越しする時に、複数の会社からオンラインで直接、プランごとにお見積もりできます。お見積りの取り方は実に簡単!早い業者なら、即日連絡してきます。それで金額の目安がつきます。安いのは、やはり安いなりの理由があると考えることができます。
例えば、引っ越しにきてくれる人たちの大半がアルバイトで十分に教育ができていないという場合もあります。アルバイトというのは、正社員とは違い責任は軽いですから、それなりの態度を取ったり、また荷物の扱いについてもぞんざいであるかもしれません。

また、来てくれる人数も思ったより少なく、荷物の積み込みや降ろしに時間がかかってしまい、計画が狂ったということも起きえます。

費用が安いのはいいですが、しかし、そのために嫌な気持ちが残ってしまったり、何らかの損害が出てしまうということも十分に考えられます。
ですから、ある程度満足の行く引っ越しをしたいのであれば、金額だけでなく、サービスの内容や保障などにも目を受ける必要があるようです。

価格とサービス内容のバランスが取れた業者さんを選ぶようにしましょう

引越しの見積りにお金はかかるのか?

引っ越しの見積りは、費用がかかるだろうかという心配を持つ人もおられることと思います。

安い業者を選べる!頼み方や見積もりのイロハを教えて貰わなくて大丈夫!申し込みは簡易です。引っ越し見積もりで人気のあるのは引越し侍です。引越しの見積もりはただでできます。ネットなら、最短で見積もり可能。しかし、その点は安心することができます。よほどの悪質業者でないかぎり見積りの手数料を要求してくることはないはずです。見積もりは、当たり前の時代です。ですから、ほとんど、どの業者も無料と考える事ができるでしょう。

今は、インターネットの時代で、評判は拡散されていきます。もし、悪い評判が立つなら、商売を続けてゆくことは困難になります。ですので、無料といっておきながら、後で請求されるといった心配はしなくてもよいでしょう。

もし、心配であるならば、見積りを依頼する時に業者に尋ねておくことができるでしょう。

満足のいく引越しの時期

もし、満足のいく引っ越しをしたいのであるなら、3月(9月、12月)などの繁忙期は避けるのが賢明です。
転勤、リフォーム、建て替えといった理由で、近場などの近距離、県外などの遠距離に引越しをするので見積もりをお願いしようと思っていますか?もしかすると、夫婦二人暮らし、家族から離れて一人暮らしといった理由で荷物少ないため、値引きして欲しいと思っていますか?なぜなら、その時期はアルバイトをたくさん使うところが多いからです。
アルバイトですから、十分な教育や訓練をしていないこともあります。
そのため、いつもなら良い業者さんであっても、不満が残ってしまうということもあります。

もちろん、どうしても無理という方もいることでしょう。しかし、時期をずらす事ができるのであれば、その方がいいかもしれません。

また、引っ越し見積りも、繁忙期よりも暇な時の方が安い価格を出してくる場合があります。
ですから、引越し費用を抑えるにも繁忙期を避けるのは良いといえます



見積もりはこちらからできます

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓







引っ越しの見積もりはいつ取るのが良いのか?

引っ越しの見積もりは、いつ依頼するのが最も良いタイミングになるのでしょうか。どのような引っ越しをしたいのか、はっきり決まった時点で、見積もりを依頼するのが良いでしょう。引越の見積もりは安いほうがいいですよねもし、どのような形で引っ越しをするのかが決まっていないのであれば、見積もりを依頼したとしても、結局は正確な金額が出てこないということになり、無駄になってしまうからです。

引っ越しの見積もりは、「標準引越運送約款」に則って行う

引っ越しの見積もりは「標準引越運送約款」に則って行われます。この約款は、引っ越しの見積もり時に思わぬトラブルに見舞われた場合に、問題を解決するための基本的なルールになります。この標準引越運送約款は、国土交通省が定めたものですが、業者によっては独自ルールを作っている会社もあります。この約款は、見積もりをする時に業者は提示することになっています。ですので、見積もりをするときには必ず約款に目を通すようにしましょう。この約款を読んでおかないと、あとで後悔するような事態になっても、後の祭りになってしまう場合があります。安く見積もりをするなら一括見積もりをこの約款には見積もりについては、どのような内容が書かれているのでしょうか。約款には明確に見積もりの際には内金や手付金を請求しないという記載がなされています。なので、見積もり時に業者が見積もり料金を取ることはありません。業者の中には見積もりが無料と宣伝しているところもあります。そのため、とても良い業者のように思えるかもしれませんが、しかし見積もり料は無料なので当たり前といえば当たり前になります。

標準引越運送約款によって荷物が拒否されるケース

標準引越運送約款では、引き受けを拒否することができる。荷物も明確に記されています。例えば、その中には現金や宝石貴金属店キャッシュカード、預金通帳、有価証券といった貴重品が含まれています。また火薬類といった荷物に危害が及ぶような危険なものも拒否することができるようになっています。安いだけでなく、賢く見積もりをさらに、管理が難しいもの、例えばピアノや骨董品、美術品、動物や植物といったものも引っ越し業者は拒否することができます。もちろん引き受けてくれる業者がいるならば依頼することもできるでしょう。しかし、見積もり時にそれらの荷物については拒否される可能性があることを覚えておきましょう。

?

見積もり時に提出しなければならない個人情報

標準引越運送約款では、引っ越しの見積もり時に提出しなければならない個人情報が明記されています。その中には見積もり依頼者の名前や住所、そして電話番号があります。また依頼人が荷物の受け取り人でない場合には、荷物の受取人の名前や住所、電話番号も教える必要があります。安いのと確かさを両立している業作yを選ぼうさらに、いつ荷物を搬出するのか、また、荷物の受け取りの日付も明記することになっています。さらには荷物の種類や量も書く必要があります。大事なこととして料金の支払い方法といつ支払うのかも記す必要があります。料金の支払い方法ですが、基本的には現金で後払いになります。この点については引っ越し業者に尋ねると良いでしょう。さらにどんな作業を行うのか、あるいは付帯サービスとしてどのようなサービスを行われるのかということも書く必要があります。

見積もり以外の追加料金を支払う可能性はあるのか?

基本的には、見積もりで出した料金は業者に払うすべての金額になります。あとで業者の都合によって料金を水増しするということはできなくなります。もし業者の方で見積もり内容を両者にとって不利な形で変更するならば減額を求めることができるかもしれません。引っ越し侍ならやすき見積もりができる例えば見積もりの中に書かれている。人数よりも少ない。作業人数だったり4トントラックで契約したのに当日にトントラックしか来なかったり、あるいは作業時間が11時と決めていたにもかかわらず、午後の4時にきたりするということなどは契約内容と著しく異なるために減額を求めるということができるかもしれません。しかし逆に、引っ越し業者にとって過大な負担になる場合には引っ越し当日に追加料金を支払うということになりかねません。なので、引っ越しの見積もりの時に、できるだけ細かく打ち合わせて認識の相違が生じないようにしなければならないでしょう。

悪天候の場合の引っ越しの延期について

台風など引っ越し当日にかなりの悪天候の場合引っ越しを延期しなければならない時があるかもしれません。そのような場合には、キャンセル料を支払う必要があるのでしょうか。安いだけでなく、確かな業者を選ぼう約款によると、キャンセル料を支払う必要はありません。約款では、解約の原因が依頼人の責任による場合のみ違約金を支払う必要があるとなっています。なので不可抗力の場合には、キャンセル料を支払う必要はありません。

?

荷物が壊れていることに後で気づいた場合

引っ越しが終わった後に荷物が壊れているということに気づくことがあるかもしれません。では後ほど荷物が傷ついていたり壊れたりしていることに気づいたならばどうしたらよいのでしょうか。安く済ませるなら、一括サイトが便利ここでもいつもレジに渡される約款が重要な役割を果たします。約款によりますと荷物を引き渡した日から3ヶ月以内にクレームをつけないのであれば業者の責任はなくなるということになっています。ですから、3ヶ月以内であるならば業者に責任があるということになります。なので、あとでピアノが傷ついていたり、ソファーにひっかき傷があったりなど、荷物に傷があることに気づいたならば業者に連絡して善処して貰うように入りましょう。ですが、数ヶ月後にクレームをつけるということはリスクがあるということも覚えておきましょう。数ヶ月経ってからクレームを入れられたとしても業者としても面白くないという気持ちが働き、何らかのトラブルになる可能性もあります。そうしたことを考えて荷物を引き取ったならばすぐに荷物のチェックを行うことをおすすめします。

引っ越しの見積もりはいつからできるのか?

安いのはいいことだけど、悪質業者は避けよう引っ越しの見積もりはいつからできるのでしょうか。引っ越し侍の一括見積もりサービスでは、越し希望日の3日前から3ヶ月前という期間中に行うことができるとなっています。その期間であるならば、基本的には問題ありません。

多くの人はいつ引っ越しの見積もりを取っているのか?

安いことも大切だけど、業者の質も大事多くの人は引越しの見積もりをいつ取っているのでしょうか。大体の人が15日前から1ヶ月前に引っ越しの見積もりを依頼しています。半数近くの人がそうしているようです。次に多いのは1ヶ月〜2ヶ月前、また8日から2週間前というのも多いです。ですから、だいたい引っ越しの日付より、それくらい前が良いかもしれません。

見積もりのメリットとデメリットについて

引っ越しの見積もりの取り方は基本的に訪問して見積もりを取るのと電話で見積もりを取る2種類があります。電話で見積もりを依頼することには幾つかのメリットがあります。安いだけの業者葉注意が必要例えば、すぐに見積もりを出して貰うということができますし、また見知らぬ人に訪問してもらわないので煩わしさを感じずに済むというメリットもあります。見積書は後ほど郵送かメールで送付して貰うということもできます。しかし、和の見積もりでは、かなりデメリットがあるということも覚えとく必要があります。見積もりを取る人は実際に荷物を見るというわけではないので、もしかすると荷物の量について正確でないためにトラックに乗り切らないということもあります。実際にそういうケースも生じています。なので、荷物の量が多い場合にはあまりおすすめできない方法です。 訪問してもらって見積もりを取ることのメリットはどのようなものがあるでしょうか。直接荷物の量を見積もり時の時に見てもらえるために正確な料金を出すことができますし、また必要な段ボールの枚数も教えてもらえるというメリットがあります。また、トラックに乗り切らないというような事態も避けるということができるでしょう。デメリットとしては時間が取られるということがあります。荷物の量を正確に割り出すために30分から1時間という時間がかかります。そのように時間を取り分けなければならないことは訪問見積もりのデメリットといえます。

見積もり時における注意点

1,見積もり時においては、どのような点に注意を払うと良いのでしょうか。最初に見積もりをしてくれた。業者が出した。金額が安いように思えたとしても、その場で即決するということが決してないようにしましょう。他にも訪問してくれる業者がいるならば一通り見積もりが出た後に決めるようにしましょう。業者によって価格が異なるので、慎重に安い業者を選ぶ業者の中には今決めてもらえるともっと安くすることができるという。ことを述べる業者も少なくありません。もちろんそれが相場よりも安いと確信できるならば決めても良いかもしれません。 2,比較できやすいように見積もりを取る。 いろんな業者から見積もりを取り、それを正確に比較するには見積もりの内容を同じようにする必要があります。例えば、作業員の人数やトラックのサイズさらにどんな経路で運ぶのかなどです。さらにはサービス内容なども同じような条件にすると良いでしょう。そうすることによって、どこの引っ越し業者が安いのか。明確になります。 3.保障内容の確認 安いだけで飛びつくならば後で泣きを見るということがあります。なので、どのような保証になっているのかということについてはっきりと理解しておくことが大事です。特に壊れやすい物の運搬については注意が必要でしょう。安く済ませたいなら、当サイトへ業者にその点を伝えていなかった場合、後で壊れたと申請しても保証が通らないということがあるかもしれません。なので壊れやすいものなどは事前に業者に申告しておく必要があります。 4,引っ越しの許可業者かどうかを確認する。 引っ越し業者は国土交通省から一般貨物自動車運送事業としての認定を受ける必要があります。この許可証がなければ引っ越し業者外名乗ることはできません。引っ越し業者の中には無許可で行っている引っ越し業者もあります。無許可の引っ越し業者に依頼すると後でとんでもないことに。なってしまう可能性があります。そしてもし荷物が傷ついたとしても保証が全く受けられないということもあります。引っ越しの認可業者であるなら見積書に許可番号が記載されています。それで正規の引っ越し業者かどうかを確認するようにしましょう。

段ボールをもらわなければ,引っ越しの見積もりは安くなるのか

引っ越しの見積もりをできるだけ安く抑えたいと思うかもしれません。そのため、段ボールを自分で用意するならば見積もりは安くなるのかもしれないと考える人もいます。しかし残念ながら段ボールを自分で用意するのでいらないと言っても金額が安くなる可能性は低いと言えます。夏なら段ボールはそんなに高いものではないからです。段ボールを自分で用意するということは結構大変なことです。安く見積もりをするなら一括見積もりをホームセンターなどで段ボールを入手することもできますが、しかし引っ越し業者からもらった方が断然安く済むということができます。なので、もらえる段ボールはもらっといた方がお得といえるでしょう。

夜に引っ越の見積もりをして貰うということは可能なのか?

昼間は仕事で忙しく、どうしても夜に引っ越しをしたいという人もいることでしょう。夜に引っ越しの見積もりをして貰うことは可能なのでしょうか。安いだけでなく、賢く見積もりを多くの業者ではそのような人が多いということをよく理解しています。そのため、夜でも見積もりに応じてくれる業者は少なくありません。なので、そのことを伝えると良いでしょう。

引っ越しは週末と終日では違うのか?

仕事の関係で引っ越しが土日でなければ無理だという人も多いでしょう。土日と平日では引っ越しの費用に差が出るのでしょうか。残念ながら、土日や祝日は平日の引っ越しと比べてかなり高くなります。業者によってその比率は異なりますが、場合によっては倍近く違うということもあります。安いのと確かさを両立している業作yを選ぼう引っ越しを安く済ませるためには土日は避けたほうが賢明です。平日に引っ越しをするようにしましょう。また、時間的に余裕があるならば、時間指定をしない方が良いでしょう。時間指定をしないということによっても引っ越しの費用は安くなります。六曜を参考に引越し日にするという人も大勢います。なので、そうした日を避けるのも安くするための方法の一つです。

ページのトップへ戻る
引越しのコツをこちらから見ることができます
 

サイトマップ